BUZZ FACTORY Blog

バズファクトリー
<< 自動車保険の研修 | main | 週間中年マッガジ〜ん ☆タイムスリップ! >>
デッドニングのススメ
0
     ども、サービスの齋藤です。

    食欲の秋、芸術の秋、ほしのあき、結婚してしまい非常に残念です。。しかもあんなジョッキーと、、、

    それはさておき、今回は芸術の秋のジャンルにはいるのでしょうか、より良い車内環境で音楽を楽しむ、、、デッドニングについてご説明したいと思います!


    今回はこのキャデラック New SRXで実践したいと思います!


    こちらが純正のドアパネルとなります。
    さすがキャデラック、ネジは一つも見えませんがガッチリ固定されております。


    内張りを外すと、こんな感じです。さらにこのシートを剥がしてデッドニングに挑みます。


    今回も弊社ではおなじみのレアルシルト(青いほう)と、ディフュージョンを使っていきます。


    まず貼付けていく前にしっかりと脱脂を行います!
    ドアの中は雨で湿気がこもったり、モーターのグリスが入っていたりと決して良い環境ではありません。
    しっかり貼付けてあげることで本来のパワーを発揮します。


    こんな感じに、均等な大きさに切ったレアルシルトをドア内側に均等に貼っていきます。
    スピーカーの後ろ等、より大きな振動や音が当たる箇所は大きめに貼ると効果的です。


    その上から、ディフュージョンという拡散剤を貼っていきます。
    これは円錐部の表面は硬く、音を反射させて、側面は不要な音を吸収、拡散するという優れものです。
    コンサートホールの屋上や、レコーディングスタジオの壁面なんかはこれと近い様な感じになっているのをよく見ますね。
    こちらも余ったものは均等な大きさに切り、ドア全体に貼りつけます。


    最後に大きく空いたサービスホールを全て埋めていきます。
    あとは鉄板の薄そうな場所、補強の無さそうな場所に貼付けます。

    この辺はインストーラーの違いでしょうが、自分はドアの中を箱にするイメージで作業しています。
    ドアノブの辺り、スピーカー近辺、どこの音も均一というのが一番良いんじゃないかと。

    あとは内張りをしっかりと組付けて完成です!
    このSRXもそうですが、最近の車はナビが変えられなかったり、元々有名なメーカーでシステムが組んであったりしますので、この辺の作業をするだけで純正でもかなり引き締まった音になります。

    走行中の音も多少改善されるので、軽自動車とかにもお勧めですよ。
    これから来る年末のお休みに向けて、システムアップはいかがですか?
    ご用命、お待ちしております!


    【2011.10.19 Wednesday 00:46】 author : buzzfactory | | comments(0) | - | - | - |
    コメント
    コメントする





     


    CALENDAR
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    NEW ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    MOBILE
    qrcode
    LINKS
    PROFILE
    SEARCH
    PAGETOP